あの駅の宅配ボックスってどうやって使うの?

>

PUDOステーションはどこの駅に設置されているの?

PUDOステーションの設置場所

PUDOステーションは、現在(2018年7月)のところ、首都圏や大都市を中心に、地方でもかなりの数が設置されているようです。東京や、その周辺地域、大阪や名古屋、その周辺地域にはかなりのPUDOステーションがあります。

多くのPUDOステーションが24時間使用可能で、だいたいどこの駅でも始発から終電の間は使用できます。
気になる方があれば、最寄の駅のインフォメーションや、駅の係りの方に聞いてみて問い合わせてみるのも、良いかもしれませんね。

また、駅にはPUDOステーションの他に「はこぽす」という日本郵便(株)が設置している宅配ボックスがあるところもあると思います。
そちらは、日本郵便の「ゆうパック」のお荷物や、書留等が受け取れるとのことです。

荷物は規定内の大きさで!

先ほども申しましたように、PUDOステーションは、人がそこで受け取りを助けてくれるという有人受け取りカウンターではなく、無人のロッカーです。

したがって、そのPUDOステーションのロッカーに入る大きさでなければ、使用することは残念ながら出来ません…。

PUDOステーション屋内型での規定の大きさは、Sサイズで高さ8.5センチメートル、横幅44センチメートル、奥行き61センチメートルです。
ロッカーの大きさはS,M,Lの三種類で、Mサイズですと、高さ18センチメートル、横幅44センチメートル、奥行き61センチメートルです。
最後に一番大きなLサイズですと、高さが37センチメートル、横幅44センチメートル、奥行き61センチメートルになります。

もし、ネット販売や知人からの贈り物等で利用する場合は、ロッカーに入り切れる大きさであるか事前に確認してみてください。